経営者勉強会

日本社長経営大学、
事務局の鈴木です。

緊急事態宣言が明けたものの、東京都内では夜の街を中心に新型コロナウィルスの感染者が再び増加して参りました。

当大学でもZOOMを使ったオンライン講義から、通常参加型の講義へと徐々に環境を戻している状態です。

感染リスクを無くすため、会場内の予防対策や勉強会参加者の方へのマスク着用など出来る限りの対策を講じております。

更に皆様が安心して勉強会に臨めるよう、事務局一丸となって会場の設営に力を注いで参ります。

第二章 「経営の樹を育てる」

さて、6月24日の勉強会についてのご案内をさせて頂きます。

今回のテーマは第二章「経営の樹を育てる」です。そして「経営の樹の育て方」を同時に学んで参ります。

  • 今後、コロナ自粛ムードがどのようになって行くのか?
  • コロナ後の世の中がどのように変化してゆくのか?

正確な予測は誰にも分かりません。

しかし、過去の歴史や実例から、おおかたの予測は次の様に移って行くのではないでしょうか?

以下に今回の勉強会で学んでいただく内容を一部紹介させて頂きます。

01.中小企業の倒産が一斉に起きる

政府の救済策によるコロナバブルの恩恵を受けられた会社は当面の間は生き延びることができますが、その先が問題です。

その間にスリムな体質にし、コロナ不況を乗り越えられる強固な体質に生まれ変われるかどうかが鍵を握ります。

02.大企業の倒産が相次ぐ

大企業の下請け型企業は深刻な事態に陥いる可能性が高いでしょう。経営方針の見直しが急務になるものと思います。

03.金融危機に陥る

借入により生き延びて来た会社は返済が出来なくなる時期が来ます。それらが金利の変動や金融機関の経営破綻などに繋がり、大きな影響を受けることになるでしょう。

 

これら1,2,3が順を追って起こって来ることを踏まえ、経営者としてどのように対応すべきかを考えて参ります。

未曽有の状況だからこそ経営の基本を学び「プロ経営者」へ

プロ経営者

特別講師である古川先生はバブルショック、リーマンショックを経験しましたが、

同じ様な経過を辿る

とおっしゃっております。

この未曾有の大変化に耐え、生き延びてゆく為には、どんな流れにも上手く乗る知恵と体力をつけなくてはなりません。

その為には経営の基本を学び、プロ経営者になることが絶対的に必要です。

今回の勉強会ではその様な考えにて進めてまいります。 

多くの皆様の参加をお待ちしています。

古川益一の経営の真理を学ぶ会 概要

経営者勉強会に参加した学生

  • テーマ:「経営の樹を育てる」「経営の樹の育て方」
  • 会 期:2020年6月24日(水)18:00 ~ 21:00
  • 会 場:レンタルスペース フクロウ
  • 住 所:〒144-0034 東京都大田区西糀谷1-20-18
  • 会 費:3,000円
  • 主 催:一般社団法人 日本社長経営大学