陰陽五行思想 講座

日時:令和2年9月9日(水)16:30~18:00

  • 講師:古川益一
  • 司会:山田武久

本日の講義はいかがでしたか?

① 非常に興味深かったです。徳川家康自身が、陰陽五行を知っていたから成功を治めたのでしょうか?

A.断言はできませんが、そのとおりと思います。江戸の町は陰陽五行思想によって出来ています。次回に詳しく説明したいと思います。


② 発展する都市は風水の四神に守られていますは、興味深く、面白かった。歴史の話も結びついてもっと聞きたくなりました。


③ 歴史を背景とした内容で、とても楽しかったです。授業は脱線すると引き込まれます。


④ 楽しかったです。陰陽五行、方向、家相が大分わかるようになった。風水・運勢はもっと勉強したいです。


⑤ とても楽しかった。もっと詳しく学びたいと思った。


⑥ 真理の素となっているのが、陰陽五行思想であり、自然の摂理に沿って物事が良い方向へ進んでいくと思いました。そのためには陰陽五行思想について学び、実践していきたいと思いました。

今後、本講座にて、聴きたい事、やって欲しい事はありますか?

古川益一

① ますます風水に興味が沸きました。現在も経営者は風水等に頼る人は多いですが、果たして、その行動について、先生は、どうお考えでしょうか?

A.迷信的に捉えたりなんとなく気になる、など、本当に理化して自分の生活に取り入れている人は少ないように思います。

私は「自然の摂理に合わせて生きることにより、幸福な人生を歩むことが出来る」と思っております。本講座では完全な解釈はできないまでも理知的に取り組みたいと思っています。


② 実在している建物などの例を出して風数などをあてはめてみるともっと現実味がある。

A.家相、事業相など具体的な例を出して理解を深めていきたいと思います。


③ それぞれの内容を具体的に知りたい

A.陰陽思想から派生する学問はとても巾広く奥が深いものばかりです。そのとっかかり的なものを学んでいきたいと思います、宜しくお願いします。


④ もしも数秘術についてご存知であれば、陰陽五行思想との因果関係について聴いてみたいです。

A.数秘術はピタゴラスが有名ですがもっと古くから考えられていたとも言われています。

生年月日の3つの数字が占うものですが東洋では四柱推命がこれにあたります。四柱とは生年.月.日に生まれた時間の四柱を使って占うものです。

簡単には言えませんが、陰陽五行思想と通じるものがあるものと思います。


⑤ 道教・儒教に加え、兵法などにも触れたいです。

A.「道教」は老子・荘子、「儒教」は孔子・孟子・荀子、兵法は「法家」と良い、孫子・韓非子が唱えたものです。いずれも東洋思想を代表するものです。楽しみにして下さい。


⑥ 体を整える観点も聞きたい。

A.陰陽思想・五行思想は東洋医術の基礎になっていますが、とても奥が深く、専門分野に入り込むことになります。一緒に勉強してゆきたいと思います。


改善点や気が付いた事があれば教えて下さい。

① 内容が深いので、前回居なかった人とかがついて行けない事がある。そこは工夫が必要かもしれません。

A.確かに途中からでは分からないと思います。当講座は始まったばかりです。工夫してゆきたいと思います。